読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年夏!出雲大社のある島根県で縁結び旅行をしよう!

今年こそは出雲大社に行って良縁を!と思っている方に、島根(特に出雲)の歩き方をお伝えできればな〜と思っています。

2016夏は出雲大社でキマリ!そもそもどうして出雲大社は縁結び?

f:id:he18701:20160712012430j:plain

出雲大社=縁結びっていうのはみんな一度は聞いた事があるでしょう。

最近ではあのEXELEのHIROがプロデュースしていることでも有名になっています。 ご縁の国しまね!本物がある!という感じで応援してくれています。

そして、EXILEのhiroと島根出身の錦織監督がタッグを組んで映画を製作。

その名も「たたら侍。」

EXILEが侍だなんて、かっこいい✖︎かっこいい=メチャかっこいい となるに決まってるじゃん。

そもそも何で出雲大社って縁結びなのか?

これには諸説あるのでふわっとした感じで読んでください。

オオクニヌシオオミカミ(大国主大神)っていう 噛みそうな名前の方が国を作って、 現世をアマテラスオオミカミに譲り、オオクニヌシオオミカミは神事を収めることになりました。 目には見えない神々の世界を治める神、そこに日本中の神が集まる、という神話が生まれました。 毎年10月に全国から八百万の神々が集まるという「神集い」の話が広がっていきました。 なので、出雲だけ、10月は神無月じゃなくて神在月っていうんです。(←これ、絶対に地元民がドヤ顔で言いますw)

出雲大社に祀られる「大国主大神」は、ずっと昔から「縁結びの神様」として信じれています。 この「縁結び」というのは、男女の縁だけでなく、人間関係や、人々を取り巻くあらゆるつながりの“ご縁”のことを意味しています。

なーんだ、実はあんまりちゃんとした意味が無いんだ!って思ったあなた!

そんなこと思っていたらダメですよ!神様はみなさんを見てますよ! でも、よく考えてください。

あんなクソ田舎で、日本で影薄い県No.1の島根県が あの超有名でイケメンぞろいのEXILEに 公式サポーターをしてもらえるなんて、

どうしてなんですかね・・・。

やっぱり 「ご縁の力」 しかないでしょう!

信じるものは救われる!

では、出雲大社について手短に説明しときましょう。

縁結びのお守りだけじゃない

私は恋には困っていないわ!!!友達の付き合いで行くだけだし!!!って方も安心してください。 出雲大社には、「縁結びのお守り」はもちろん、「しあわせの鈴」「長寿守」「縁結びの糸」「厄除け」など、縁結びにかぎらずいろいろなお守りがあるので、自分のため、友達のため、家族のためにも買ってあげてもいいと思います。

参拝作法は他とちょっと違う

やっぱり、せっかく参拝するならマナーはしっかり守りたいところ。 出雲大社2礼4拍手1礼です。

しっかり覚えてください。 わかりやすく言うと

「ペコペコ パンパンパンパン ペコ」

ですよ。

鳥居をくぐる時は、一礼して通る

出雲大社の本殿に行くまでには合計4つの鳥居があります。 実はこの4つの鳥居は全部、違う素材でできているんです。 素材がなんなのかは、内緒にしておきますので、現地で確認してみてください。

その方が、参拝するときの楽しみがふえるでしょ?

それらの鳥居をくぐる時は一礼してくぐってくださいね。 鳥居は神聖なものだからってことが理由ですが 現地にいくと他の観光客もみんなしてますので、真似してやりましょう。 さらに 参道を歩く時は道の端を歩くのが、スマートな参拝スタイル。 昔はやっぱり参道の真ん中をあるくのって身分の高い人だったらしいんです。 だから今でも、庶民は参道の端を歩くべきらしいです。 まぁあなたが庶民じゃないとか、身分が高い方であれば真ん中を歩いてください(笑) 逆に、真ん中あるいてる人がいたら、「身分高いんすか?w」って聞いてみてもいいかもしれません。笑 (これをキッカケに揉めても責任は取れません。。。)

本殿の手前にある牛と馬

本殿の少し手前にはご利益になるスポットがあります。 それは、拝殿前の銅鳥居と馬と牛。 銅の鳥居を触る⇨ 金運がアップ、 神馬(しんめ)の鼻を撫でる⇨子宝に恵まれる 神牛(しんぎゅう)の頭を撫でる⇨学力があがる

だそうですよ!

忘れずにご利益をあやかりましょう!!

さてこのくらい知識があれば出雲大社観光は大丈夫でしょう!

神話も詳しく調べたらおもしろい話がた〜くさんあります。登場人物の名前が難しかったりして途中で???ってなる可能性大ですが。。。。笑

「出雲抹殺」の謎 ヤマト建国の真相を解き明かす (PHP文庫)

「出雲抹殺」の謎 ヤマト建国の真相を解き明かす (PHP文庫)

そういうのは移動時間に調べて読んでくださいね。 いい感じに眠気を誘って、移動時間の苦痛が解消されるかもしれませんから。