読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年夏!出雲大社のある島根県で縁結び旅行をしよう!

今年こそは出雲大社に行って良縁を!と思っている方に、島根(特に出雲)の歩き方をお伝えできればな〜と思っています。

アクアス ソフトバンクのCMにもなった出雲おじさん、バブルリング。 白い天使がリングをあなたに吹きかける!

 

ソフトバンクのCMで 一世を風靡した

 

島根海洋館アクアス

 

 

 

白イルカがバブルリングを見せてくれます。

都会の水族館って人が多くて、落ち着いて動物や魚を見ることができないことって多いですよね。

 

ここアクアスは人が少ないので、ゆっくりと見て回ることが出来ます。

 

(今は少し有名になったので人が多くなったかもしれませんが・・・)

 

 

空飛ぶペンギンも見ものです。 泳いでいるところを下から見ることが出来るので、まるで空を飛んでいるように見えます。

口コミでも白イルカのショーは高評価。

やはり、一生に一度は見ておきたいですよね。

 

ぜひ島根に行った際は寄ってみてください。

 

また、アクアスの前にある、はっしー広場では

毎週のように石見神楽が開催されています。

 

 

 

神楽(かぐら)とはなんじゃいな?

 

石見神楽の起源は定かではなく近世以前とされているが、文化文政期の国学台頭とともに古事記日本書紀を原拠とする神話ものが加わり、演目も豊富で極めて多彩である。

神の御心を和ませるという神職によっての神事であったものが、明治政府から神職の演舞を禁止する達しが出たことにより、土地の人々の手に受け継がれ、民俗芸能として演舞されるようになった。

そのリズムは、石見人の気性をそのままに、大太鼓、小太鼓、手拍子、笛を用いての囃子で演じられ、見る人をして神話の世界に誘う。また、石見神楽はその詞章に特徴がある。荘重で正雅な古典的なその言葉は、里神楽には極めて稀だといわれており、その中に織り込まれた土の香りの高い方言的表現、素朴な民謡的詩情とともに独特のものをつくりあげている。

 

 

神楽って地元の人からすると、小さい頃から馴染み深いものです。

幼いころは、神楽に出てくるヤマタノオロチが怖くて怖くて・・・・

 

大きくなってから、改めて鑑賞すると、

非常に味わい深いというか、良いものですよ。

 

 

 

ただ、

アクアスは少しアクセスが良くないのが玉に瑕。

 

アクアスはアクセスが良くないから、踏むよアクセル〜♪ ・・・・・。

 

出雲大社からは車で約1時間半程度。

ローカルな国道9号線日本海を右手に見ながら一直線です。

もしくは、 新しく開通した

 

 

平成27年3月14日開通!山陰道仁摩温泉津道路、浜田三隅道路 平成28年4月1日現在

 

これにより、出雲大社とアクアスが近くなりました。

 

 

 

早く全線開通してほしいものですね。

 

全線開通すれば出雲大社からアクアスまで1時間ちょいでいけるんじゃないでしょうか。

 

観光客のためにも早く!島根県がんばれ!